CAR

雪道の運転

白い車

車を運転していて怖いのは、やはり雪道の運転でしょう。
経験のある方ならわかると思いますが、その日の気温や天気によって、さまざまな状態になります。
東京のように気温が高いと、すぐべちゃべちゃに解けて、タイヤがアスファルトに届かないということはめったに無いはずです。
しかし少し気温が低い場合は、雪が解ける前に車の重さで雪が押し固められ、タイヤが地面に届かなくなってしまいます。
この場合、急なハンドル操作やブレーキをすると、タイヤがスリップしてしまい、非常に危険です。
普段通りアスファルトを走っている感覚で運転していると、事故につながりかねません。
そしてもっと注意したいのは、更に気温が下がって、凍結している場合です。
雪が何度も車で押し固められ、雪の表面がツルツルになり、太陽が反射するほどコチコチになる場合もあります。
この状態の道路が、例えば坂道だったとき、ブレーキがきかなくなったり、たとえ停車してもズルズルと滑ってしまうこともあります。
雪道に慣れていない人が坂道の途中で動けなくなってしまうことも多いため、雪道の運転に慣れていない人は、
坂道の途中で止まらないようにしましょう。信号が坂道にあったりしてどうしても止まる必要のある時は、
その坂道の前でいったん停車し、信号が青になってから坂道を上るのも一つの方法です。

雪道の運転

白い車

車を運転していて怖いのは、やはり雪道の運転でしょう。経験のある方ならわかると思いますが、その日の気温や天気によって、さまざまな状態になります。東京のように気温が高いと、すぐべちゃべちゃに解けて、タイヤがアスファルトに届かないということはめったに無いはずです。しかし少し気温が低い場合は、雪が…

田舎の車事情…。

ハンドル

私は永遠田園風景が続きスーパーや駅に行くのだって徒歩では困難な小さな田舎町出身です。当然何処に行くにも車は必須です。失礼ながら一瞬見た限りこちらが心配になるようなかなりのご老体が車や原付を運転している光景も珍しくありません。地元の高校生は18歳の誕生日が来ると車校に通い出し、就職活動では地元企業は…

NBOX+に乗っています。

かっこいい車

青色のツートンのNBOX+に乗っています。四駆にしたので少し燃費は悪くなってしまいましたがそれでもお気に入りの車です。後部座席の足下も広いし荷物もたくさん詰めるので友達にも喜んでもらえています。今のところ遠出はしていませんが遠くまで乗って行っ…

軽トラックの魅力

赤い車

軽トラックは、中が2人しか座れません。でも、その分暖房などの効き目が早いです。高さもある程度あるので、前も見やすいです。後ろには、荷物も積めますし、何より小回りがききます。普通に走るだけなら速度も出ますし、燃費もいいです。大体四輪駆動だと思うのでスタットレスタイヤにしていれば雪の日…

最新記事

2017/09/01
軽トラックの魅力を更新しました。
2017/09/01
NBOX+に乗っています。を更新しました。
2017/09/01
田舎の車事情…。を更新しました。
2017/09/01
雪道の運転を更新しました。
TOP